フォークリフトお役立ちコラム

フォークリフトお役立ちコラム記事一覧

フォークリフトの免許を取ろう|どこよりも高額なフォークリフト買取業者とは?

フォークリフトは、最大荷重1t未満であれば、フォークリフト免許を持っている人の指導(特別教育)を受ければ、誰でも動かすことができます。フォークリフト免許があれば、最大荷重1t以上のフォークリフトを運転することができます。『フォークリフト技能講習』に合格した方だけ資格を得ることができ、1t未満はもちろ...

≫続きを読む

フォークリフトの種類|どこよりも高額なフォークリフト買取業者とは?

フォークリフト免許を取得すると、全てのフォークリフトを運転できるようになります。荷重1t未満はもちろん、荷重50tを超える大型フォークリフトや、あらゆる種類のフォークリフトを運転できるのです。フォークリフトにはいくつかの種類があります。◎カウンタバランスフォークリフト よく知られたポピュラーなフォー...

≫続きを読む

フォークリフトのアタッチメント|どこよりも高額なフォークリフト買取業者とは?

フォークリフトのアタッチメントとは、フォークリフトの車体前方に取り付けるオプションのことで、用途によって付け替えることができます。アタッチメントをつけることで、作業効率がアップし、作業時間を短縮することも可能です。◎サイドシフトバックレストとフォークが左右にシフトするため、荷物を積み込んだとき、左右...

≫続きを読む

フォークリフトで一般道を走るには|どこよりも高額なフォークリフト買取業者とは?

フォークリフトで一般道を走行する際は、荷物を積載していない状態でなければいけません。また、運転者は、それぞれに必要な免許や資格を持ち、要件を満たしている必要があります。ただし、大型特殊サイズを超える大きさのフォークリフトは、一般道の走行はしてはいけません。一般道では荷役作業(荷物を積載)での走行はで...

≫続きを読む

フォークリフトの運転技能講習とは?|どこよりも高額なフォークリフト買取業者とは?

フォークリフト運転技能講習を受けると、最大荷重1t以上の全てのフォークリフトを操作する資格を得ることができます。◎操作できる車両・最大荷重1t以上を含めた全てのフォークリフト・ストラドルキャリア・コンテナキャリア・トップリフター・クランプリフト技能講習は、18歳以上が受講できます。都道府県労働局長登...

≫続きを読む

フォークリフトの運転特別教育とは?|どこよりも高額なフォークリフト買取業者とは?

フォークリフトは、最大荷重1t未満と最大荷重1t以上とに分けられます。これは、操作できる人が必要とする免許が異なるものとなります。最大荷重1t以上であれば、運転技能講習を受講して、免許を取得する必要があります。最大荷重1t未満のフォークリフトは、運転特別教育を受講すれば操作することが可能です。ここで...

≫続きを読む

フォークリフトの運転競技大会について|どこよりも高額なフォークリフト買取業者とは...

フォークリフト安全運転技能競技大会は、陸運労災防止協会が主催した大会です。念に1度開催され、フォークリフトを操作する運転士の、安全標準作業の認識および技能の向上を図ることを目的としています。◎出場資格として・会員事業場の従業員であり、フォークリフト運転技能講習修了後1年以上経過していること。・フォー...

≫続きを読む

フォークリフトの運転者資格は国家資格です|どこよりも高額なフォークリフト買取業者...

フォークリフト技能講習を受け、修了試験に合格すると、『フォークリフト運転技能講習修了証』が発行され、フォークリフト運転者としての資格を取得することができます。この『フォークリフト運転技能講習修了証』が、免許となります。これは、国家資格であり、18歳以上であれば誰でも受ける事が可能です。フォークリフト...

≫続きを読む

フォークリフトの最高速度|どこよりも高額なフォークリフト買取業者とは?

フォークリフトは一般道を走行することができます。最高速度は、50km/h未満と定められており、小型特殊自動車では最高速度15km/h(道路交通法施行規則2条)と定められています。各事業所において、社内規定で敷地内の制限速度を定めているところがほとんどです。一般道を走ることができるフォークリフトは、『...

≫続きを読む

フォークリフトの構造規格の施行について|どこよりも高額なフォークリフト買取業者と...

労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)の制定に伴い、フォークリフト構造規格(昭和47年労働省告示第89号)が新たに制定された。これらの告示は、昭和47年10月1日から適用されることとなった。この規格は,工業標準化法第12条第1項の規定に基づいているものです。社団法人『日本産業車両協会(JIVA)』...

≫続きを読む