フォークリフトの運転技能講習とは?

フォークリフトの運転技能講習とは?

フォークリフト運転技能講習を受けると、最大荷重1t以上の全てのフォークリフトを操作する資格を得ることができます。

 

◎操作できる車両
・最大荷重1t以上を含めた全てのフォークリフト
・ストラドルキャリア
・コンテナキャリア
・トップリフター
・クランプリフト

 

技能講習は、18歳以上が受講できます。

 

都道府県労働局長登録教習機関において、技能講習が行われます。
講習科目および時間数に関しては、『フオークリフト運転技能講習規程(昭和47年労働省告示第111号)』に基づくものとする。

 

◎受講時間
原則として35時間。
修了済みの特別教育など、実務経験の有無や取得免許などにより異なります。

 

・大型特殊自動車免許を所持する者は、学科の一部と実技の一部がそれぞれ免除になり、11時間。
・大型自動車免許、中型自動車免許、普通自動車免許、大型特殊自動車免許を所持し、3ヶ月以上フォークリフトの運転の業務の経験がある場合、学科の一部と実技の一部がそれぞれ免除となり、11時間。
・大型自動車免許、中型自動車免許、普通自動車免許、大型特殊自動車免許を所持する者は、一部の学科が免除となり、31時間。
・6ヶ月以上フォークリフトの運転の業務を経験した者は、実技の一部が免除となり、15時間。

 

◎講習科目
学科
・走行に関する装置の構造、取扱いの方法について:4時間
・荷役に関する装置の構造、取扱いの方法について:4時間
・運転に必要な力学について:2時間
・関係法令について:1時間

 

実技
・走行の操作:20時間
・荷役の操作:4時間

 

尚、学科・実技ともに、修了試験があります。