フォークリフトの運転特別教育とは?

フォークリフトの運転特別教育とは?

フォークリフトは、最大荷重1t未満と最大荷重1t以上とに分けられます。
これは、操作できる人が必要とする免許が異なるものとなります。

 

最大荷重1t以上であれば、運転技能講習を受講して、免許を取得する必要があります。
最大荷重1t未満のフォークリフトは、運転特別教育を受講すれば操作することが可能です。

 

ここで出てくる『最大荷重』とは、フォークリフトの構造や材質によって負荷させられる最大の荷重のことを指します。

 

最大荷重1t未満のフォークリフトの業務に携わる者は、特別教育を修了することが義務付けられています。

 

法令として。
『労働安全衛生法 第59条−3より』

 

◎労働安全衛生規則 第36条−5
最大荷重1トン未満のフォークリフトの運転(道路交通法(昭和35年法律第105号)第2条第1項第1号の道路上を走行させる運転を除く)の業務。

 

《運転特別教育を受講する》

 

◎講習日数
・学科は1日とする

 

◎講習料金
・受講料   8500円
・テキスト代 1600円
 合計   10100円(消費税込み)

 

◎講習内容
・走行に関する装置の構造、取扱い方法について:2時間
・荷役に関する装置の構造、取扱いの方法について:2時間
・運転に必要な力学について:2時間
・関係法令について:1時間

 

◎実技教育
・フォークリフトの走行の操作:4時間以上
・フォークリフトの荷役の操作:2時間〜6時間以上

 

◎修了証
講習修了日より2日後に郵送にて交付します。

 

講習会場・日時については、各都道府県で異なります。