フォークリフトの最高速度

フォークリフトの最高速度

フォークリフトは一般道を走行することができます。
最高速度は、50km/h未満と定められており、小型特殊自動車では最高速度15km/h(道路交通法施行規則2条)と定められています。
各事業所において、社内規定で敷地内の制限速度を定めているところがほとんどです。

 

一般道を走ることができるフォークリフトは、『小型特殊自動車』と『大型特殊自動車』の2種類です。
小型特殊自動車登録の場合の最高速度は15km/h、大型特殊自動車登録の場合で最高速度49km/hです。
フォークリフト自体が走行を目的としていないため、大してスピードは出ませんが、大型特殊自動車の場合は自主規制で49km/hとなっています。
しかし、実際に大型特殊自動車でも、16km/h以上の速度で走れるわけではありません。
小型特殊自動車と同じくらいの速度で走行している大型特殊自動車も、よくある話しです。

 

フォークリフトが高速道路を走行できることを、ご存知でしょうか。
小型特殊自動車は首都高速を走行できますが、意外と知られていませんよね。
しかし、やはり速度が遅いので、高速道路でも15km/h程度で走行しています。
高速道路を走行する場合、アタッチメント部分にカバーをかけ、後続車を付けて走行します。
後続車は普通自動車でOKです。

 

尚、一般道を走行するには、フォークリフトの運転技能講習修了証のほかに、普通自動車免許や大型自動車免許が必要です。
荷物の積載をしての一般道の走行は、禁止されています。